科学技術者フォーラム(STF)は、多様な分野の企業OB、現役の技術者や研究者が組織の枠を超えて集い、生涯現役を目指し科学技術を通して社会に貢献する団体です。


ホーム  |   サイトマップ  |   お問合せ  |  Follow us on :       
ホーム
STFについて
STFの活動
行事情報
入会案内
報告
実績一覧(セミナー他)
会員専用ページ
友好団体へのリンク
STFへの問合せ
利用案内(FAQ)
個人情報保護規定
サイトマップ
ご入会案内
各種イベントの申込
非営利団体 科学技術者フォーラム
MEMBER LOGIN                   
 行事情報  セミナー案内  |  交流会案内  |  見学会案内  |  イベント案内  |  部会案内

2017-11-25  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年11月度セミナー案内「IoT革命は電子デバイスに一大インパクト !!」
2017-10-07  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年10月度セミナー案内「科学捜査と化学テロ対策における計測技術の現状と研究開発」
2017-09-18  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年9月度セミナー案内「再生可能エネルギーとしてのバイオマスの役割と今後の展開」
2017-08-19  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年8月度セミナー案内「マテリアルライフの評価技術とその周辺」
2017-07-15  【セミナー案内】
科学技術者フォーラムH29年7月度セミナー案内「ビール苦味成分イソフムロン:アルツハイマー型認知症予防薬への期待」−脳細胞保護作用や原因物質の除去作用に内閣府も応援−
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ 10個]
登録日:2017-09-05 
科学技術者フォーラムH29年11月度セミナー案内「IoT革命は電子デバイスに一大インパクト !!」
科学技術者フォーラムH29年11月度セミナー(第185回)
「 IoT革命は電子デバイスに一大インパクト !! 」
産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉 氏

IoT(Internet of things)は、近未来の社会インフラや産業構造に劇的なダイムシフトをもたらすと考えられるため、大きな期待と関心がもたれています。
すでに、その応用として、車の自動運転システム、遠隔医療、遠隔教育など多くの分野で実用化が始まっています。
このようなシステムを構築するには、半導体,表示素子、センサーなどの電子デバイスが必要不可欠であり、近い将来、これらの電子デバイスを有する国家や企業が世界的な経済的優位性を占める、のは明らかです。
今回は、これらの電子デバイスの産業について、30年以上にわたり、この分野に従事し、数多くの講演、著作などでも有名な産業タイムズ社泉谷社長に、その現状と動向について、具体的に詳しく解説いただきます。
講演終了後、同じ会場で恒例の忘年会を開催します(案内別途配信予定)ので、皆さまのご参加をお待ちしております。尚、忘年会参加者はセミナー参加費は無料となります。 

1.日時:平成29年 11月25日(土)  14:00 〜 16:50
講演終了後、同じ会場で恒例の忘年会を開催し、講師を交えた交流を致します。
忘年会は、17:30−19:30頃の予定です。

2.会場:品川区立総合区民会館「きゅりあん」6F 大会議室(定員96名)
(JR大井町駅中央改札出て左直進、ヤマダ電気裏側)
地図:http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/

3.講演概要
いよいよIoT革命の幕が切って落とされ、360兆円の新市場創出に世界の期待が集まっている。データセンターの生成が5倍になり、フラッシュメモリーは爆発的投資の時代が始まった。サムスン、東芝の巨大投資を世界が注目している。次世代自動車に使われる画像センサーは技術進化と設備増強の動きが急ピッチ。とりわけ世界トップシェアを持つソニーの動きが重要なのだ。高周波対応でコンデンサなどの電子部品もフル稼動が続く。村田、TDK、アルプス、太陽誘電などの新工場プランもキャッチする必要がある。有機ELはテレビ、スマホに加え、デジタルサイネージ、電子ペーパーなどに拡大。これら電子デバイスの急成長は製造装置、電子材料にも好影響を与える。また日本が圧倒的シェアを持つロボット業界も新たな電子デバイスを要求するのだ。あわせて、半導体では3-DNAND、ナノインプリンティング、EUV露光などの技術革命の波が押し寄せる。今回講演では最新取材をベースにIoTがもたらす電子デバイスへのビックインパクトを詳細リポートする。

4.経  歴
泉谷渉(いずみや わたる)株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長                 

神奈川県横浜市出身。中央大学法学部政治学科卒業。1977年産業タイムズ社に入社し、半導体担当の記者となる。以来30年以上にわたって第一線を走ってきた国内最古参の半導体記者であり、現在は産業タイムズ社代表取締役社長。

主な著書には『日・米・中IoT最終戦争』、『半導体業界ハンドブック』、『電子材料王国ニッポンの逆襲』、『ニッポンの素材力』、『ニッポンの環境エネルギー力』、『素材は国家なり』(長谷川慶太郎との共著)『シェールガス革命で世界は激変する』(同)『世界が驚くニッポンの医療産業力』(以上、東洋経済新報社)、『これが半導体の全貌だ』、『これがディスプレイの全貌だ』、(以上、かんき出版)、『100年企業〜だけど最先端、しかも世界一』(亜紀書房)、『世界の温度の標準は日本のチノーが決めている』(産業タイムズ社)など25冊が
ある。現在、日本電子デバイス産業協会(NEDIA)副会長。

5.参加費  :忘年会参加費は3000円で、セミナー参加費は無料となります。
セミナーのみの方は従来通り、下記となります。 
・科学技術者フォーラム(STF)正会員,女性、学生 1,000円
・BCC-NET会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPOクラブ会員、NPO-BIN会員、
異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、表界研会員、
BEST-JAPAN研究会、NPOエルダーシステム、その他友好団体会員 1,500円
・一般  2,000 円
*講演中の写真撮影などは、ご遠慮願います。

6.参加申込:下記の申込書に記入して、セミナー担当の 児山 豊 宛メールまたはTELで
お申込みください。
TEL,FAX:03-3843-1670   E-mail:y.koyama@4306.bell-net.ne.jp


***********セミナー、忘年会参加申し込み  ***************

<科学技術者フォーラム(STF)H29年11月度セミナー(第185回)、忘年会参加申込書>

●お名前:                (ふりかな:           )
●所属(会社,事務所、団体):
●メールアドレス:
●TEL:               FAX:
●参加区分:
・科学技術者フォーラム(STF)正会員、学生      1,000円
・BCC―NET会員、NPO−BIN会員、ティー・エムレポート会員、経営支援NPOクラブ会員、異普奇会会員、生体環境保全交流会会員、千葉県加工技術研究会会員、表界研会員、
BEST-JAPAN研究会、NPOエルダーシステム、その他の友好団体  1,500円 
・一般(紹介者:         ) 2,000円 
●忘年会参加の有無: 有  無 (いずれか残す)
●領収書(講演会)の必要有無: 有   無 (いずれか残す)







特定非営利活動法人 科学技術者フォーラム
〒111-0033 東京都台東区花川戸一丁目13番6-603号
TEL&FAX:03-3843-1670
E-mail:info@stf.or.jp URL:http://www.stf.or.jp

Copyright(C) 科学技術者フォーラム All Rights Reserved. (更新:2015-05-19) 
ホーム   |  利用案内(FAQ)   |  個人情報保護規定   |  お問合せ


このホームページに掲載されている画像・イラスト・文章などの無断転載を禁じます。
Internet Explorer などのブラウザーで画面が正常に表示されない場合は、
ブラウザーのメニューバーにある「ツール>互換表示」を設定してください。